スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メビウスオンラインCβ 

Gamepotが独自開発したというアクションゲーム、少し前までは題名が決まっておらず「GPS」という
名前が冠されていましたが、最近になって「メビウスオンライン」という名前に決定、Cβの第1回目
が行われました。



内容としては色々な時空を行き来しながらその時代時代の武器を手にとって戦うアクションゲームを
目指しており、今回のCβはその中で中世的な雰囲気である15XX時代と現代的な雰囲気の20XXを体験
する事が出来ました。
まだCβということもあるのか、アクションゲームとしては色々な所が不十分。
特に不安なのが他社製の色々なゲームに比べて「アクションゲーム」として売り出すには可能な
アクションが少ない点。ジャンプボタン無し、スキルは無し、回避は無しとなっており、なんとか
ガードは可能、ダッシュ状態で障害物に接した時に自動でよじ登ったりジャンプする事が可能といった
仕様は、アクションゲームにしては操作性がやはり薄めでしょう。
しかしそんなこの作品を補うのが、アバターの多様性。
♂キャラでも♀キャラでも自由に服装や声を変えられたりという自由度の高さがあり、どちらかとい
えば、好きなキャラクターを色々と考えつつも手軽な操作でゲーム世界を楽しむ、そういった内容を
目指していると思えます。
ガチガチに真剣バトル!というよりは程好く楽しむような空気があるこの作品、私自身も馬鹿っぽい
ことをして朗らかにゲームを楽しめるというのは、中々良いものだなぁとCβの際に思ったり。

ある程度のアクション性を保たせつつも「難しくしすぎない」仕様のまま、他の点で多くのユーザーを
楽しめる要素を盛り込んでいく、そのようなゲームを目指しているとすれば、後はPvPやPvEの充実度
を深めていけば、多くのユーザーを引き込みつつもしっかり収支の取れるタイトルとして運営出来る
かと思いますし、最近の難しい操作の増えたネットゲーム業界には程良い敷居の高さなのかもしれま
せん。
ただ現状のままでのアクション性だとやはりPvPでの楽しみが少なく、またRvRとしての要素も少なく、
例えば多くの攻撃手段や武器を用意してPvPのアクション性を増したり、RvRとしての要素を盛り込ん
でいったりなどとエンドコンテンツを考えていかなければ、長い期間PvPを楽しもうとするユーザーが
居つく事は少なく感じます。

1コンテンツとして今後色々な方向に進化出来る可能性がありそうな分、将来性としては結構楽しみ
です。難しくし過ぎず、しかし楽しみのある良ゲームを上手く目指せるかどうかが、このタイトルの
今後を分けるのではと。のんびりしているゲームのわりにゲーム内でコミュニケーションを取れる環境
が今一足りて居ない辺りも改善されると良いですね。
スポンサーサイト

BulletStorm 

痛快アクションゲーム!という前評判の元大きな期待を背負って登場予定だったバレットストーム。
しかし発売寸前になって日本語版は規制が大変強く入り、このゲームの一番の売りである破壊性や
残虐性に大きくストップがかけられるという話を聞き、結局ロシア語版を購入&英語でのプレイと
なりました。

※Xrated:英語版は規制無しの為、暴力的な表現が苦手な方はお気をつけ下さい
     念のため最初の1分は観光動画



さてこのゲームはなんといっても右クリックで使用出来る引っ張り寄せとキックを使うことで、敵の動き
を大きく鈍化させ、その鈍化した敵をいかに残虐に・いかに芸術的に倒しながら進んでいくかという実に
欧米チックなゲームです。
最初こそマシンガンとキック・引き寄せで慎重にストーリーを進めていくのですが、その内徐々に武器が
増えてくるに従い、その武器の性能を生かしてどんどん好き放題に暴れながら物語を進めていくことになる
・・・かと思いきや、ゲームの難易度にも寄るのでしょうが武器が増えてもそこまで好き放題に進める!と
いう程にはなりませんでした。これがちょっと残念な点のひとつ。

観光映画ゲームとしても十分なくらい美麗なグラフィックと様々な要素溢れるストーリー、それに洋ゲー
ならではの残虐性を程よくトッピングした内容と、ゲームのシナリオ・グラフィック面では大変良く出来て
います。
ただ日本での謳い文句が「痛快!」であった程には大胆に進めていくゲームとは思えず、丁寧に敵を引っ
張っては敵を倒して・・・と道を進めて行くゲームだったのでは?と思います。
ある程度敵配置とか覚えてからではないと一人で適当に進めていったら蜂の巣になるような。
またポイントを貰える敵の倒し方はかなり用意されているものの馴れて来ると似通ったような感じになって
きてしまいがちで、贅沢とは思いますがもっと色々な倒し方のバリエーションが欲しかった気がします。

ただそれらの点を考えても良作と前評判が高かっただけあり、また「掴む」という要素を大きく取り入れた
ことでこのゲームの味がぐっと出ている気がします。
最近少しずつ増えてきましたが、掴み・投げといった要素はアクションゲームに入っていると大変面白く、
斬る・殴る・蹴る・撃つといった敵を倒す要素とはかなり違った楽しみをユーザーに与えてくれると
思っています。
他のアクション同様、人間が現実的にはやりにくい「敵を好きに掴んで、投げる」といった体験をゲーム
上で出来ることは、宙に浮く、三角飛び、何かに殴りかかるなどと同じように現実には出来ない・困難な
アクションをゲーム上で楽しめるうえ、「ただ攻撃する」とはまた違った体験をユーザー側にもたらす
要素であると今後も楽しみにしています。

さて、ゲームそのものとは関係ないのですが、
私はこの作品をyuplayというロシアでのゲーム販売サイトにて購入したのですが、その値段がなんと20$。
日本語版が6000円程度でしたので、新作なのにも関わらず恐ろしいほどの値引きです。
どういった背景があってここまで凄い値引きになっているのかは分からないのですが、今後はこういった
販売元ではない国での格安販売についての是非が、大きな話になっていくのではないかな?と強く感じた
ことを最後に記しておきます。


Vindictus -マビノギ英雄伝- 

一昨年あたりから、ドラゴンネストと並ぶ期待アクションゲームのひとつであったマビノギ英雄伝。
マビノギも結構楽しめたため、それに連なる一作としてどんな出来になるかな?と期待していたのですが、
いつまで経っても日本での運営の話が出てきません。
どうやら日本での運営は未だに未定のようで、北米鯖でのチャレンジとなりました。



世界観はマビノギと少し似た印象で、内容的には行ける場所は取り立てて多くないMOアクション。
アクション性としては、MMORPGのマビノギをそのまま3Dアクションゲームにした、まさにそんな印象が
ぴったりで、他のアクションゲーム程アクション性が強いわけではありません。
ゲーム的には可でも無く、不可でもなく。
同じ系統のダンジョンが殆どの場合使いまわしで作成されているので新鮮味が薄く、また街1個とダンジョン
のみといった仕様のため、世界観やストーリーを大事にするマビノギの空気的はそんなに楽しめません。
しかし多人数でBOSSに挑戦するBOSSに関しては中々スリルもあり、BOSSも美麗なグラフィックで素早く
動き、このゲームの楽しさを伝えてくれる戦闘となっており、この部分の評価は大変良い。
このBOSS戦闘がもっと沢山出来ると良いのですが、現在ではまだあまり多くなく、実際の所コンテンツが
大いに不足している現状。今後に期待です。

大作、というよりもマビノギの外伝、まさにそんな感じでちょこちょこと楽しんでみるには中々楽しい
部分があるのでは?そんな一作です。
私は遠距離職でやってみたのですが、近接の方がよりアクション性も高くて楽しいかもしれません。

2011.1~2 

新年を迎え、1月下半期に久々に多くのタイトルのβテストがありました。
しかし・・・、腰をすえてやってみたいと思えたタイトルは皆無。

■アスタリア
 PKの出来るMMORPGということで、前情報の少なさに不安を抱えつつも少し楽しみにしていたのですが、
いざ蓋を開けてみるとゲーム性・操作性・グラフィック全てに乏しいゲームでした。FF14のβテストの際、
この数年でもっとも酷い出来であると感じた記憶がありますが、よもやそれと同じどころか、それよりも
酷いレベルのゲームが出てくるとは・・・といった酷さです。
 個人的には1度近接(mob)に殴られ始めると延々殴られて動けない遠距離職が大変新鮮で、更には
キャラクターメイキングでSTRにある程度パラメータを振らないと初期mobすら倒せない魔法職が
とても楽しかったので少しだけやり続けてみようかな?とは思ったのですが、メインPCであるWin7機
ではクリティカルエラーが出て起動すら出来ず、しかも調べてみるとそのエラーはこの運営会社の
タイトルでは毎回出現して、その都度クライアントにパッチが当たるまで該当機では起動出来ない
という、今までの経験はどうなっているんだ的な運営会社であったので断念。

■DivineSoul
 MOアクションということで期待していたのですが、操作性・爽快感・グラフィックがどれも今一であり、
劣化ドラネスといわれても仕方ない程度の出来。
 このゲームは「掴み」の存在があるため、攻撃・防御・掴みの3竦みというシステムが存在しているのが
とても面白い。しかし、その3竦みが色々な不備によってあまり機能しておらず、逆にユーザーのストレス
になってしまっている始末。ただでさえ爽快感の薄いタイトルなのに加えてプレイ上の楽しさの部分が
ストレス方向に引きずられてしまっているのがこのタイトルの最大の難点だと思いました。

■トイウォーズ
 ペーパーマンでも思ったのですが、リアル系のFPSとは一線を画したコミカルなFPSは、ゲームシステム
的な面でも興行的な面でもとても期待しています。
 しかしこのゲームには目新しい点がまるで感じられません。
 色々な種類の武器を最初から使える、そういった点は面白いのですが・・・。
 この手の非リアル系FPSには、色々なギミックやMAPの面白さ、アクション性など、やっていて面白い!
と思える要素を沢山盛り込んでくれることを強く願ったりします。

■QuakeWarsOnline
 有名タイトルの名前を継承して作っているゲームとしてはまずまずの出来なタイトル。MAP進行に合わ
せて変化する状況にそってプレイを進めつつ対戦するのも、ある程度きちんと出来ています・・・、が
面白みという点ではそこまで楽しさを感じる出来ではなかったです。これは機械に搭乗して戦うゲームに
あまり私が興味を持てない事にも関係しているかも。対人機設置された範囲に入って蜂の巣にされるのは
冷や汗出て面白いですけど。
 それにしてもこのタイトルは何故かMAPの行動可能区域が極端に広く、まるで戦闘とは関係のないとこ
ろまで延々外回り出来ることもしばしば。いったい何故こんなに広くとっているのだろう・・・。
 

タクティクスオウガ-運命の車輪- 

PSP版としてリニューアルされたタクティクスオウガ。
大幅なストーリーや戦闘システムは弄らないものの、レベルアップのシステムを弄りつつ、更には前作で
選択しか出来なかったルートを、全部廻れるようにしたことが一番大きな変化要素。

改めて振り返ってみると、タクティクスオウガのSFC版が出たのは1995年。
実に15年ぶりとあってわくわくしながらやってみたが、元々のシナリオを今回追加されたシナリオが支え、
ゲームの根幹は15年前と変わらないにもかかわらず、今でも昔と変わらなく色褪せないSRPGの楽しさが
あった。
移植物というとどうしても音楽やグラフィックが良くなった代わりに内容を改悪させてしまう、といった
作品が数多くあったのだが、今作はそのような移植物の中では(特にここ最近のスクエニの作品の中では)
楽しめる内容で作品を仕上げてあったと思う。

しかし、残念な事に一点。LvupのシステムとWTのシステムというこのゲームの戦闘の根幹部分に調整を
入れてしまったことでゲームの難易度が大きく緩くなり、そのこととWTの変更により戦闘の緊張感が
かなり減ってしまっている。
このlvupとWTのシステムは原作では良い意味で独自色を醸し出していただけに残念。
ストーリー性の強いゲームに良くある駄目なポイントとして、ゲームの根幹である戦闘が楽しくない・戦略
的でない、といった事が良くある。折角シナリオを練って、戦闘中も細かくテキストや音声入れてるのに・・・
肝心の戦闘システムが楽しくない。そういったゲームにならない為にも、この作品の肝のひとつである
ドキドキする救出MAPや高難易度MAPの楽しさをもう少し上手く維持して欲しかった。

音楽等は良いクオリティだし、後はこのシステムを上手く維持しつつ、今作の当たりでついに第8章が
作れれば・・・と大きく期待。

零の奇跡 

イースの新作くらいまでは我慢していたのですが、零の軌跡にタクティクスオウガとPSP作品が続くのに
負けてついに零の軌跡に合わせてPSP買ってしまいました。とても今更感が漂います。

さて、白き魔女以来なんだかんだと長い付き合いになっている英雄伝説の最新作、零の軌跡は今までの
PCゲームの路線を変更して、今作からPSPでの参入となりました。
最近PCゲームがどんどん携帯用ゲームに流出している背景には更なるユーザーの獲得だけではなく、
PCゲームメーカーを悩ませてきた複製問題に対する、確実な資金回収という面があると思います。
しかしPSPに打って出て余計ユーザーを減らした、では元も子も無く、今までのPCユーザーが納得
するだけの内容になっているか、今回がまさに試金石だったと思っております。

そんな零の軌跡自体をプレイし終えての感想は、PCでのファンを納得させるだけの内容ではあったと
いう、ある程度安心した点がまず最初にきて。そして同時に上手くまとめ過ぎているという残念感が
二つ目にきました。
空の軌跡とほぼ同じシステムを踏襲して多彩な音楽と丁寧なストーリーで物語をきちんと整えており、
最初こそ『こんなに広い街を延々と廻るゲームなのか?』といぶかしんだ物の、それが苦でなくなる
くらい様々な点でユーザーのストレスを無くす為の努力をしている所は流石と言ってよいレベルで。
こうだったら楽なのにな、と思う多くの点を叶えている為に、ともすれば面倒なお使いになりやす
そうな場所でもあまり苦労する事が無く物語を追うことが出来ます。
ちょっと不安だったより近代的になったフィールドでのストーリーも、物語の中心になっている街
だけではなくいくつかの古き町並みへプレイヤーを往復させることで、上手く時代の変遷の途中で
あることを読ませていたと感じます。
逆に物足りなく感じる点も数多く、やっと盛り上がってきた所でストーリーが強引にまとめられて
終わってしまうのは次回作を意識しているとしか思えず、作品の価値を落としているように思えます。
使用可能なキャラクター数やアーツなども少なめで、戦闘そのものが少し単調なのも同じように
物足りない。

前作までの良い所をそのまま持ってきて、新たなフィールドで良作をきちんと産みだしているのは
好感が持てますし、PSP参入しても問題ないくらい万人受けする内容だったかな?と思います。
しかし前作までは、同じような連続作であっても『話を語りきれないから次の作品へ』という位の
充足度を感じたのに対し、今作はこのくらいで纏めて、ということありきな印象が出てしまっている
のがとても残念。
前作までの中世と近世の織り交ざったような世界観から一気に時代が加速して近代的になった
世界観を上手く使ってストーリーに目新しさを作っている反面、様々な所に目新しさが足りなく
感じるこの作は、良くも悪くももう一味欲しかった一作な気がします。


Dragon Nest雑感 

対人でもmob狩りでも最近はアクション性が高いゲームを求めているのですが、
そんな中サービスを発表したドラゴンネストには前々からかなり興味を持って
おりまして、日本でのCβ~Oβ・製品サービス開始して数ヶ月どっぷりやって
おりました。

さてドラネスの良い所といったらやっぱりアクション性が高く、アクションゲーム
としてもRPGとしても普通に楽しめること。
初期の頃はまだあまりスキルも少なく爽快感こそ乏しいですが、徐々にスキルが
増えてきて敵も強くなってくるキャデラック北の森林・神殿辺りになるとだいぶ
やり応えが出てきますし、やっていて上手くなったりキャラが強くなっている
実感も良く沸きます。自分とキャラクター両方が成長しているのが分かるっていう
のはゲームの面白さの重要な一面だと思うのです。
更にこのゲームは難易度が自由に選べる為、自信がない人はeasyやnomalでゆっくり
練習を積んでいっても良いですし、PTで難易度の高いAbyssに挑む事も出来るしと、
色々とやりこんでいって楽しい要素が詰まっている良いゲームだと思います。




このゲームの不満点はかなりはっきりしています。

①対人のシステムが盛り上がらない

 小さめのフィールドに敵味方集めて殴り合いだけというシンプルな対人しかないため、
 ある程度やっているとやはり飽きてきます。
 更にキャラクターの特徴同士をぶつけさせたいのか対人のバランスはあまり取れて
 おらず、職の優越がはっきり分かれております。どの職もある程度長所はあるのですが、
 長所が飛びぬけている職がいくつか目立ってしまっており、只でさえMAPが小さめ&凝って
 いない事が手伝って差が分かりやすい戦場がかなり多い。その割に対人成績で称号あり。
 チーム勝利の為に盛り上がる!といった空気も殆どみないまま1000人位までは斬ったの
 ですが、それ以降は惰性でやっていた感じです。
 
②日本の運営が今一
 
 日本仕様のアイテム課金手段も集金型で、レア装備で固めていないと能力的にかなり
 差がつく仕様になってしまいまして、少しずつ上手くなってキャラクターを成長
 させて・・・といった良い流れが頓挫してしまった印象があります。
 更にレア課金装備が出たした辺りで経済的にもバランスを欠き、その事が対人の一層の
 鈍化を招いた印象。

 現時点まででは一体どのコンテンツで顧客を満足させていくか、そういった大事な事を
 ユーザー視点で考えていると思えない運営で、元々良いゲームであったにも関わらず
 集金に頑張ってゲーム内のバランスをどんどん崩していってる運営に見え、この事が
 将来的に期待が持てない。パッケージ売り逃げと似た課金売り逃げの印象です。 

こういった問題点が上手く解消出来ればまったり長くやっていきたいのですが、エンド
コンテンツが少ないことに加えてこのような問題点があるのが大変残念。

ネトゲにも最近、協力出来るアクション性の高いゲームがちらほらと増えてきております。
他の人と一緒にやって楽しいという根本的な楽しさが良く出るジャンルだと思っていますので
今後もこの路線の充実が進むと良いなーと思いつつ、運営が続くという面で課金システムを
どううまくやっていくか、良いモデルケースが生まれて来るのを期待したいです。

Assasin's creed 2 

もうかなり前になってしまったのですが、今年の春先辺りからアサクリ2を
ちょびちょびとやっておりました。
前作はやってみたいなーと思いつつもずっとやる機会にめぐまれなかったの
ですが、2がPC版で出るということでまさに衝動買い。

やっとこんな感じで落下出来ることになりました。高所恐怖症なので
このくらいでもかなりクラクラきますけども・・・。


さてこのゲームはまさにタイトル通り、暗殺して歩き回ります。
こっそり隠れながら暗殺するもよし、堂々と道を歩いて暗殺するもよし、と
いった内容なのですが、隠れているドキドキ感・・・みたいな物を感じつつ
暗殺して歩くというよりは、良く見つかりつつ敵をそのままぶっすりしつつ
逃げ回っていくような気がします。中の人が下手なせいなんでしょうか。
アクションゲームの面白さというよりはストレスたまる内容が多く、行ける
所こそ多いものの単調で・・・盛り上がり的にも色々と残念な気がする一品です。

しかしそれを補う位に、この時代のイタリア方面の雰囲気を醸し出すフィールドの
数々。普通に観光ゲーしているだけで、歴史的な内容が好きな人にはたまらない事
かと思います。
このゲーム始める少し前に丁度現地に行ったりしたので、その場面が出てくると感動
しつつも現地の写真と見比べてにんまりしまうのですが(後述)、それ以上に良くここ
まで再現したなぁと思うくらい、当時の面影を考えつつも細部まできっちりと作り上
げていることに本当に脱帽。

この時代やこの方面好きな人にはかなりお勧め。




続編の話も聞いておりますし、ゲーム内容を盛り上げるように頑張って欲しい一作です。

| HOME | NEXT
07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

RSS

Search

  1. 無料アクセス解析
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。