スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ValkyrieSky Oβ 

Cβから一週間、ValkyrieSkyのOβが開始しました。
ちょっと驚いたのは、lvキャップが前回の20から一気に引きあがって40だった事で、
そのお陰で今まで見た事無かった様々なMAPをのんびり回ったり体験出来ました。
PvPや2次職等はまだこれからのようですが、PvPが今の所1on1しかないってのがかなり残念。

STGが得意って程ではない私からすると難しいMAPは多々あったのですが、少しずつ勉強したり
知人や初めての人と協力して回ったりするのが楽しく、やっぱり協力して何か出来るゲームは
楽しいものだなぁと思ったり。
lv28の時に知人達にlv足りてなくても先のstage行ってみようぜって持ちかけ、撮ってきたのが下の動画
です。うーむ適正がlv+10辺りだと敵が硬い硬い・・・。

(文章はもう少し書き足すかもしれません。)

前編


後編
スポンサーサイト

ValkyrieSky Cβ 

ValkyrieSky Cβ

①solo


②PT


MMOSTGなんて怪しげなジャンル名を引っさげてやってきたこのValkyrieSky(以下VS)、育成&協力要素
を組み込んだSTGというちょっと変わった作風の作品で、やり始めて見ると意外に楽しめたのでレポート
してみます。
STGに関してからっきしな私はPT協力という辺りにだけ惹かれてこのゲームを開始してみたのですが、
普通にキャラクターを育成して徐々に強くしていきつつ難しい敵やステージに挑んでいく、腕次第で
低lvでも難しいボスに勝つ事が出来る、といったある意味正道派的な育成要素を持ったSTG部分が
普通に楽しめて、また後述するPTの楽しさもあって、同時にCβ開始した蒼天よりこちらをしっかり
やる事になりました。といってもCβ期間が非常に短かった為、週末3日位しか出来ませんでしたが。

このゲームの良い特色はなんといっても職によってかなり自機タイプが違う事。
私の使っている魔法使いはロックオン型STGのようなタイプですし、弓使いは昔ながらの縦STGに
ありそうなタイプ・・・そこまでは良いのですが、剣士に至っては弾斬り返したり敵を斬りにいく
ため、STG!?と思わず悩んでしまう程、まるでアクションゲームのようなタイプになっています。
そのため4人PTとかになるともう"STG"と呼んで良いのか悩むような仕様になっており、そこがまた
楽しくやれた要素だったと思います。その辺りは動画②を参照下さい。
私の下手さにイライラしないように。

逆に良くない点といえば、まずはsolo部分のクエスト周りやストーリー性が薄い事。
そして達成感やSTG部分以外のPT要素の楽しみ部分が少ない事、全体的にエンドコンテンツが少なく
飽きが早そうな気がする事辺りでしょうか。

しかし今後PvPやより難しいダンジョンの解放等が既に決定しているようで、コンテンツをしっかり
充実させていけば、大当たりこそしないまでもある程度の顧客を確保出来る特色持ったコンテンツに
なるのかな?と少し期待しております。
最近新作MMOが出ないor業界的に閉塞感漂う中、私も期待している新作情報がいつまでも届いてこない
状態でなんとなくこのCβを開始した次第ですが、このような一風変わった、ユーザー側に新しい
楽しみを届けてくれるような作品が今後もあれこれと出てくると良いなと思います。
気軽にPT組んで下さった数名の方々、有難うございました。

月夜に響くNocturne Rebirth 

『同人ゲーム、それも無料なのに出来が良い奴があってー・・・
 ストーリーはともかくバトルが結構面白くてね。』
そんな話を知り合いから聞き、半信半疑ながら久々に同人RPGなんて手を出してみました。

Title.jpg


結果から言うと、とても無料だと思えないくらいにかなりしっかり作りこまれて良く出来ていました。
確かにストーリーは大分好き嫌いが分かれそうという点に同意ですが、使い魔と陣形を考えて・・・
といった往年のRPGテイストを思い出すバトルシステムに関しては良く作りこんであり、きちんとlvあげて
いけばそこまで難しくなく、blaveを狙っていくにはそこそこ難しい、といった内容に落ち着いています。
物凄い内容やゲームシステムが詰まっていたり、凄く感動したりする作品ではないと思うのですが、ちょっと
暇つぶしに懐かしRPGやってみるかな?なんて人には案外良いのかも、なんて思いますし、内容をもっと
膨らませていったら更に良くなりそうです。

またこれは個人差がありそうですが、このゲームは情景に合った良い音楽が色々と使われているのも、
このゲームの良さの一つだと思ったり。

L4D2 

昨年11月位からのんびりとL4D2をやっておりました。
このゲームは前作が大分評判だったのでその時手を出すべきかかなり悩んで断念しまして、今回は
MW2とどっちをやるか悩みつつ周囲の声に押されて購入してやってみたり。

l4d2

このゲームは生き残った4人の中の1人として他の3人と協力して感染者だらけの町から逃げ出す、と
いった協力タイプのFPSです。
特に難しく考える必要も無く演出に従い周囲と協力してどんどん感染者を倒してクリア目指して
いく、そういったゲームシステム根幹がきちんとしているので、知り合いとやっても知らない人
とやっても、やっていて普通に面白い。助けたり放置したりと性格出る気はしますが。
天候や背景をしっかりと利用して映画のように魅せる演出が優れているのも、暗いストーリー性を
感じさせないくらい雰囲気が馬鹿明るくなる要素が色々あるのも、数多くの感染者の動きがだいぶ
精密に作られてるのも、どの点もこのゲームを盛り上げる要素としてきちんと成り立っていて、
前L4Dが好評価だった理由が良く分かります。

ただ本当に勿体無く感じたのが、キャンペーンボリュームの薄さ。
キャンペーンは大きいのが5つ、それが終わってからやりこむ要素はいくらでもあるにはあるのですが、
ストーリーを進めたり映画の舞台のような新しいMAPを新鮮に感じた人間からすると、同じMAPを何度も
繰り返すよりはもう少しキャンペーンのボリュームがあればなぁ・・・そう考えてしまいました。
対人も楽しくはあったのですが、延々やりこみたいか?と考えるとそうではなかったです。

しかしそんなマイナス点を感じさせない位L4D初めての人間からすると楽しい点が多く、このシリーズ
やった事無い人はやってる知り合いを捕まえてちょっとやってみたりするにはお勧めだと思います。
この手の協力FPSが今後も沢山出るといいなぁと。
| HOME |
01月 « 2010年02月 » 03月
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

RSS

Search

  1. 無料アクセス解析
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。