スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dragon Nest雑感 

対人でもmob狩りでも最近はアクション性が高いゲームを求めているのですが、
そんな中サービスを発表したドラゴンネストには前々からかなり興味を持って
おりまして、日本でのCβ~Oβ・製品サービス開始して数ヶ月どっぷりやって
おりました。

さてドラネスの良い所といったらやっぱりアクション性が高く、アクションゲーム
としてもRPGとしても普通に楽しめること。
初期の頃はまだあまりスキルも少なく爽快感こそ乏しいですが、徐々にスキルが
増えてきて敵も強くなってくるキャデラック北の森林・神殿辺りになるとだいぶ
やり応えが出てきますし、やっていて上手くなったりキャラが強くなっている
実感も良く沸きます。自分とキャラクター両方が成長しているのが分かるっていう
のはゲームの面白さの重要な一面だと思うのです。
更にこのゲームは難易度が自由に選べる為、自信がない人はeasyやnomalでゆっくり
練習を積んでいっても良いですし、PTで難易度の高いAbyssに挑む事も出来るしと、
色々とやりこんでいって楽しい要素が詰まっている良いゲームだと思います。




このゲームの不満点はかなりはっきりしています。

①対人のシステムが盛り上がらない

 小さめのフィールドに敵味方集めて殴り合いだけというシンプルな対人しかないため、
 ある程度やっているとやはり飽きてきます。
 更にキャラクターの特徴同士をぶつけさせたいのか対人のバランスはあまり取れて
 おらず、職の優越がはっきり分かれております。どの職もある程度長所はあるのですが、
 長所が飛びぬけている職がいくつか目立ってしまっており、只でさえMAPが小さめ&凝って
 いない事が手伝って差が分かりやすい戦場がかなり多い。その割に対人成績で称号あり。
 チーム勝利の為に盛り上がる!といった空気も殆どみないまま1000人位までは斬ったの
 ですが、それ以降は惰性でやっていた感じです。
 
②日本の運営が今一
 
 日本仕様のアイテム課金手段も集金型で、レア装備で固めていないと能力的にかなり
 差がつく仕様になってしまいまして、少しずつ上手くなってキャラクターを成長
 させて・・・といった良い流れが頓挫してしまった印象があります。
 更にレア課金装備が出たした辺りで経済的にもバランスを欠き、その事が対人の一層の
 鈍化を招いた印象。

 現時点まででは一体どのコンテンツで顧客を満足させていくか、そういった大事な事を
 ユーザー視点で考えていると思えない運営で、元々良いゲームであったにも関わらず
 集金に頑張ってゲーム内のバランスをどんどん崩していってる運営に見え、この事が
 将来的に期待が持てない。パッケージ売り逃げと似た課金売り逃げの印象です。 

こういった問題点が上手く解消出来ればまったり長くやっていきたいのですが、エンド
コンテンツが少ないことに加えてこのような問題点があるのが大変残念。

ネトゲにも最近、協力出来るアクション性の高いゲームがちらほらと増えてきております。
他の人と一緒にやって楽しいという根本的な楽しさが良く出るジャンルだと思っていますので
今後もこの路線の充実が進むと良いなーと思いつつ、運営が続くという面で課金システムを
どううまくやっていくか、良いモデルケースが生まれて来るのを期待したいです。

スポンサーサイト

Assasin's creed 2 

もうかなり前になってしまったのですが、今年の春先辺りからアサクリ2を
ちょびちょびとやっておりました。
前作はやってみたいなーと思いつつもずっとやる機会にめぐまれなかったの
ですが、2がPC版で出るということでまさに衝動買い。

やっとこんな感じで落下出来ることになりました。高所恐怖症なので
このくらいでもかなりクラクラきますけども・・・。


さてこのゲームはまさにタイトル通り、暗殺して歩き回ります。
こっそり隠れながら暗殺するもよし、堂々と道を歩いて暗殺するもよし、と
いった内容なのですが、隠れているドキドキ感・・・みたいな物を感じつつ
暗殺して歩くというよりは、良く見つかりつつ敵をそのままぶっすりしつつ
逃げ回っていくような気がします。中の人が下手なせいなんでしょうか。
アクションゲームの面白さというよりはストレスたまる内容が多く、行ける
所こそ多いものの単調で・・・盛り上がり的にも色々と残念な気がする一品です。

しかしそれを補う位に、この時代のイタリア方面の雰囲気を醸し出すフィールドの
数々。普通に観光ゲーしているだけで、歴史的な内容が好きな人にはたまらない事
かと思います。
このゲーム始める少し前に丁度現地に行ったりしたので、その場面が出てくると感動
しつつも現地の写真と見比べてにんまりしまうのですが(後述)、それ以上に良くここ
まで再現したなぁと思うくらい、当時の面影を考えつつも細部まできっちりと作り上
げていることに本当に脱帽。

この時代やこの方面好きな人にはかなりお勧め。




続編の話も聞いておりますし、ゲーム内容を盛り上げるように頑張って欲しい一作です。

| HOME |
08月 « 2010年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

RSS

Search

  1. 無料アクセス解析
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。