スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

零の奇跡 

イースの新作くらいまでは我慢していたのですが、零の軌跡にタクティクスオウガとPSP作品が続くのに
負けてついに零の軌跡に合わせてPSP買ってしまいました。とても今更感が漂います。

さて、白き魔女以来なんだかんだと長い付き合いになっている英雄伝説の最新作、零の軌跡は今までの
PCゲームの路線を変更して、今作からPSPでの参入となりました。
最近PCゲームがどんどん携帯用ゲームに流出している背景には更なるユーザーの獲得だけではなく、
PCゲームメーカーを悩ませてきた複製問題に対する、確実な資金回収という面があると思います。
しかしPSPに打って出て余計ユーザーを減らした、では元も子も無く、今までのPCユーザーが納得
するだけの内容になっているか、今回がまさに試金石だったと思っております。

そんな零の軌跡自体をプレイし終えての感想は、PCでのファンを納得させるだけの内容ではあったと
いう、ある程度安心した点がまず最初にきて。そして同時に上手くまとめ過ぎているという残念感が
二つ目にきました。
空の軌跡とほぼ同じシステムを踏襲して多彩な音楽と丁寧なストーリーで物語をきちんと整えており、
最初こそ『こんなに広い街を延々と廻るゲームなのか?』といぶかしんだ物の、それが苦でなくなる
くらい様々な点でユーザーのストレスを無くす為の努力をしている所は流石と言ってよいレベルで。
こうだったら楽なのにな、と思う多くの点を叶えている為に、ともすれば面倒なお使いになりやす
そうな場所でもあまり苦労する事が無く物語を追うことが出来ます。
ちょっと不安だったより近代的になったフィールドでのストーリーも、物語の中心になっている街
だけではなくいくつかの古き町並みへプレイヤーを往復させることで、上手く時代の変遷の途中で
あることを読ませていたと感じます。
逆に物足りなく感じる点も数多く、やっと盛り上がってきた所でストーリーが強引にまとめられて
終わってしまうのは次回作を意識しているとしか思えず、作品の価値を落としているように思えます。
使用可能なキャラクター数やアーツなども少なめで、戦闘そのものが少し単調なのも同じように
物足りない。

前作までの良い所をそのまま持ってきて、新たなフィールドで良作をきちんと産みだしているのは
好感が持てますし、PSP参入しても問題ないくらい万人受けする内容だったかな?と思います。
しかし前作までは、同じような連続作であっても『話を語りきれないから次の作品へ』という位の
充足度を感じたのに対し、今作はこのくらいで纏めて、ということありきな印象が出てしまっている
のがとても残念。
前作までの中世と近世の織り交ざったような世界観から一気に時代が加速して近代的になった
世界観を上手く使ってストーリーに目新しさを作っている反面、様々な所に目新しさが足りなく
感じるこの作は、良くも悪くももう一味欲しかった一作な気がします。


スポンサーサイト
| HOME |
10月 « 2010年11月 » 12月
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

RSS

Search

  1. 無料アクセス解析
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。