スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

零の奇跡 

イースの新作くらいまでは我慢していたのですが、零の軌跡にタクティクスオウガとPSP作品が続くのに
負けてついに零の軌跡に合わせてPSP買ってしまいました。とても今更感が漂います。

さて、白き魔女以来なんだかんだと長い付き合いになっている英雄伝説の最新作、零の軌跡は今までの
PCゲームの路線を変更して、今作からPSPでの参入となりました。
最近PCゲームがどんどん携帯用ゲームに流出している背景には更なるユーザーの獲得だけではなく、
PCゲームメーカーを悩ませてきた複製問題に対する、確実な資金回収という面があると思います。
しかしPSPに打って出て余計ユーザーを減らした、では元も子も無く、今までのPCユーザーが納得
するだけの内容になっているか、今回がまさに試金石だったと思っております。

そんな零の軌跡自体をプレイし終えての感想は、PCでのファンを納得させるだけの内容ではあったと
いう、ある程度安心した点がまず最初にきて。そして同時に上手くまとめ過ぎているという残念感が
二つ目にきました。
空の軌跡とほぼ同じシステムを踏襲して多彩な音楽と丁寧なストーリーで物語をきちんと整えており、
最初こそ『こんなに広い街を延々と廻るゲームなのか?』といぶかしんだ物の、それが苦でなくなる
くらい様々な点でユーザーのストレスを無くす為の努力をしている所は流石と言ってよいレベルで。
こうだったら楽なのにな、と思う多くの点を叶えている為に、ともすれば面倒なお使いになりやす
そうな場所でもあまり苦労する事が無く物語を追うことが出来ます。
ちょっと不安だったより近代的になったフィールドでのストーリーも、物語の中心になっている街
だけではなくいくつかの古き町並みへプレイヤーを往復させることで、上手く時代の変遷の途中で
あることを読ませていたと感じます。
逆に物足りなく感じる点も数多く、やっと盛り上がってきた所でストーリーが強引にまとめられて
終わってしまうのは次回作を意識しているとしか思えず、作品の価値を落としているように思えます。
使用可能なキャラクター数やアーツなども少なめで、戦闘そのものが少し単調なのも同じように
物足りない。

前作までの良い所をそのまま持ってきて、新たなフィールドで良作をきちんと産みだしているのは
好感が持てますし、PSP参入しても問題ないくらい万人受けする内容だったかな?と思います。
しかし前作までは、同じような連続作であっても『話を語りきれないから次の作品へ』という位の
充足度を感じたのに対し、今作はこのくらいで纏めて、ということありきな印象が出てしまっている
のがとても残念。
前作までの中世と近世の織り交ざったような世界観から一気に時代が加速して近代的になった
世界観を上手く使ってストーリーに目新しさを作っている反面、様々な所に目新しさが足りなく
感じるこの作は、良くも悪くももう一味欲しかった一作な気がします。


FF14 

FF11をやったこと無かったので、折角出るということですしまったり世界だけ見に行こうかなーと
思ってOβから参戦してみました。
インストールすると、キャラ作成から確かに綺麗で表情豊か。
・・・しかし実際ゲームに入ってみると、

①まず鯖が重い&mobとの同期が取れてない
②操作が大変し難い 戦闘以外で何をするにもメニューから行かねばならないなど。
③序盤のせいか行くところが少ない
④クエストも少ない

と悪い点ばかりが目立ちます。
グラフィックは確かに綺麗なのですが、それを生かすだけの世界が少ないというか、
観光ゲームするにしても、ある程度見回ったら後は同じ世界の繰り返し・・といった所で味気無い。
戦闘も正直面白みにかけますし、『この世界で遊んで面白い』という面が大きく欠けている
印象で、これをパッケージ&月額課金にして顧客にいったいどの辺りを楽しんでもらって対価を
得ようとしているのかが見えてこなく、パッケージ商売やっているだけな感触。
全体的に酷い所を改良しつつ、面白みという面でアップデート重ねて行かなかったらどんどん
人口減っていくのでは?と思える内容でした。
ここ最近でサービスinしたネトゲの中で一番酷い出来。
一応正式サービス開始してからも買ってみましたが、数時間やってやる気なくなって今に至ります。

数年ぶりにwarageいってみた 

知り合いが何名かMoE行ってみるって話しもあり、この2ヶ月位数年ぶりにwarageに顔を出して
おりました。
MoEOβの頃1ヶ月くらいmageでやっていたのですが、今回久々にloginしようとしたらそのキャラ
は削除されており、どうしたものかなーと思いつつも前とはガラッと違う近接がやってみたく
なったので、新規作成、今に至ります。
予想はしていたのですが、近接は操作がかなり大変。3武器低生命ってのがまた難しい。
幸い昔の知り合いがまだ何名かやっておりなんとも懐かしい気持ちでまったりしつつも、順調に
足を引っ張っている感じの中毎日あたふたと頑張っております。



さて数年ぶりのwarageですが、私から見て大きく変わった事は2つ。
ひとつは占領しているCCにジャンプ出来るようになったこと。①
もうひとつは様々な新規複合テクニックが追加されていることです。②
まぁ・・・初近接なので操作的に物凄く変わりました・・・ってのもあったりします。

①のCCジャンプは、warageの致命的欠点であった『交戦までにマラソンが必要』という部分を
かなり改善しました。これは本当に便利で、もっと早くこれを実装していてくれば・・・!と
強く思う改良点。
私の昔の印象だとwarageって交戦のために走り回らないといけない上、1度死ぬと本拠地から
再度走りなおさなくちゃいけないので、場合によってはPT全員で知人回収に戻ったり・・なんて
感じだったのですが、その辺りの手間が省けて実際の交戦時間が増えるのは大変良い。

②に関しては正直驚く程にテクニックが増えていて、比例して今まで脚光の浴びなかった構成や
テクニック・戦術が増えております。
アクション性も高いスキル制MMOなので、そのシステムを生かせるくらい様々なテクニックがある
方がキャラクターの多様性と戦術の多彩さに繋がり戦闘そのものの面白さが高くなっていく・・・
といった、良いアップデートの見本になっているのではないでしょうか。

私としてはこの2個が大きく変わったなと思うのですが、MoE時代ですら最初に出てから既に5・6年
近くは経っているわけで、その間には私の知らない様々な変遷があったのだろうなーと思います。
そのような中、大昔と今しか知らない私みたいな人間からすると、紆余曲折の中良くここまで
ゲーム的に良い方向に進んでいるなーと感心する限り。
数多くの対人のあるMMORPGの中で、MoEのWarAgeは操作や戦術面では大変高いレベルを保って
いるゲームだと思うのですが、warageそのものがあまり運営のpushを貰えず長い時間が経過して
おり対人層の減少などの心配が出てきているのが残念なところ。
しかしそのような中でもゆっくりと良い方向にアップデートが続いているのは復帰者としても
嬉しい事ですし、まだまだ色々と問題点もあるでしょうが、今後も良運営・良タイトルであり
続けてほしいなと思います。

新PC 

9月の頭のcpu価格改定にあわせてPCを組みなおしておりました。
電源とグラボを少し前に安く買ったのでそのまま流用、調子に乗ってモニタも
入れ替えてみました。

【構成】
CPU i7-950 3.06GHz
M/B Asus P6X58D-E
mem Corsair TR3X6G1600C9 (DDR3 PC3-12800 2GB*3)
GB HD5850(流用)
HDD WD1002FAEX (1TB SATA600 7200) *2
電源 SeaSonic-700W(流用)
OS Win7 Pro
モニタ 三菱 RDT232WX IPS
ケース CM 690II Plus

前々から64bitに移行したいと思っていたので全体的にガラッと変えてみたのですが、
丁度狙っていたパーツが値段が少し落ちてきていて、構成としてとても選びやすかったです。
これで最新のゲームやエンコで全く不満が無しといったところでしょうか。
Win7を1ヶ月使ってみての感想としては、大きな問題は殆ど無し。
もう少し相性その他で不具合起きるかと思ったのですがゲームでも仕事でも問題なく
やれており、今までXPだったのでOSの操作面でいくつか戸惑う事もありましたが最近は
少し慣れて楽しく使っております。

ちょっと意外だったのがモニタ。
前まで19フラットだったので5850が勿体無いなぁと思っていたのですが、思い切って、
といっても程よい値段のwideに変更してみた所、世界がかなり変わりました。
大きめのWideにしたことで幅広く作業スペースを取れて楽になった作業が多々あり、
またゲームでの視界も抜群に良くなった上びっくりする程綺麗。
前までのモニタ&PCを使用して2PCで動かしている事も重なって、色々な作業が本当に
しやすくなって嬉しいです。

今回一番悩んだのがケース。
CPU/GPU的に前よりしっかりとしたエアフロー確保出来る物にしたくて、しかし値段掛け
過ぎるのも悩ましくてこれにしたのですが、エアフロー面も問題ないのですがそれに
加えてケースの構造が色々と便利で便利で。外し易さ、入れ易さetc。
数年前の古いケースに比べて良い所がとても多く大変気に入っており、今後も長く使って
いけそうなケースで満足です。

Dragon Nest雑感 

対人でもmob狩りでも最近はアクション性が高いゲームを求めているのですが、
そんな中サービスを発表したドラゴンネストには前々からかなり興味を持って
おりまして、日本でのCβ~Oβ・製品サービス開始して数ヶ月どっぷりやって
おりました。

さてドラネスの良い所といったらやっぱりアクション性が高く、アクションゲーム
としてもRPGとしても普通に楽しめること。
初期の頃はまだあまりスキルも少なく爽快感こそ乏しいですが、徐々にスキルが
増えてきて敵も強くなってくるキャデラック北の森林・神殿辺りになるとだいぶ
やり応えが出てきますし、やっていて上手くなったりキャラが強くなっている
実感も良く沸きます。自分とキャラクター両方が成長しているのが分かるっていう
のはゲームの面白さの重要な一面だと思うのです。
更にこのゲームは難易度が自由に選べる為、自信がない人はeasyやnomalでゆっくり
練習を積んでいっても良いですし、PTで難易度の高いAbyssに挑む事も出来るしと、
色々とやりこんでいって楽しい要素が詰まっている良いゲームだと思います。




このゲームの不満点はかなりはっきりしています。

①対人のシステムが盛り上がらない

 小さめのフィールドに敵味方集めて殴り合いだけというシンプルな対人しかないため、
 ある程度やっているとやはり飽きてきます。
 更にキャラクターの特徴同士をぶつけさせたいのか対人のバランスはあまり取れて
 おらず、職の優越がはっきり分かれております。どの職もある程度長所はあるのですが、
 長所が飛びぬけている職がいくつか目立ってしまっており、只でさえMAPが小さめ&凝って
 いない事が手伝って差が分かりやすい戦場がかなり多い。その割に対人成績で称号あり。
 チーム勝利の為に盛り上がる!といった空気も殆どみないまま1000人位までは斬ったの
 ですが、それ以降は惰性でやっていた感じです。
 
②日本の運営が今一
 
 日本仕様のアイテム課金手段も集金型で、レア装備で固めていないと能力的にかなり
 差がつく仕様になってしまいまして、少しずつ上手くなってキャラクターを成長
 させて・・・といった良い流れが頓挫してしまった印象があります。
 更にレア課金装備が出たした辺りで経済的にもバランスを欠き、その事が対人の一層の
 鈍化を招いた印象。

 現時点まででは一体どのコンテンツで顧客を満足させていくか、そういった大事な事を
 ユーザー視点で考えていると思えない運営で、元々良いゲームであったにも関わらず
 集金に頑張ってゲーム内のバランスをどんどん崩していってる運営に見え、この事が
 将来的に期待が持てない。パッケージ売り逃げと似た課金売り逃げの印象です。 

こういった問題点が上手く解消出来ればまったり長くやっていきたいのですが、エンド
コンテンツが少ないことに加えてこのような問題点があるのが大変残念。

ネトゲにも最近、協力出来るアクション性の高いゲームがちらほらと増えてきております。
他の人と一緒にやって楽しいという根本的な楽しさが良く出るジャンルだと思っていますので
今後もこの路線の充実が進むと良いなーと思いつつ、運営が続くという面で課金システムを
どううまくやっていくか、良いモデルケースが生まれて来るのを期待したいです。

Assasin's creed 2 

もうかなり前になってしまったのですが、今年の春先辺りからアサクリ2を
ちょびちょびとやっておりました。
前作はやってみたいなーと思いつつもずっとやる機会にめぐまれなかったの
ですが、2がPC版で出るということでまさに衝動買い。

やっとこんな感じで落下出来ることになりました。高所恐怖症なので
このくらいでもかなりクラクラきますけども・・・。


さてこのゲームはまさにタイトル通り、暗殺して歩き回ります。
こっそり隠れながら暗殺するもよし、堂々と道を歩いて暗殺するもよし、と
いった内容なのですが、隠れているドキドキ感・・・みたいな物を感じつつ
暗殺して歩くというよりは、良く見つかりつつ敵をそのままぶっすりしつつ
逃げ回っていくような気がします。中の人が下手なせいなんでしょうか。
アクションゲームの面白さというよりはストレスたまる内容が多く、行ける
所こそ多いものの単調で・・・盛り上がり的にも色々と残念な気がする一品です。

しかしそれを補う位に、この時代のイタリア方面の雰囲気を醸し出すフィールドの
数々。普通に観光ゲーしているだけで、歴史的な内容が好きな人にはたまらない事
かと思います。
このゲーム始める少し前に丁度現地に行ったりしたので、その場面が出てくると感動
しつつも現地の写真と見比べてにんまりしまうのですが(後述)、それ以上に良くここ
まで再現したなぁと思うくらい、当時の面影を考えつつも細部まできっちりと作り上
げていることに本当に脱帽。

この時代やこの方面好きな人にはかなりお勧め。




続編の話も聞いておりますし、ゲーム内容を盛り上げるように頑張って欲しい一作です。

ValkyrieSky Oβ 

Cβから一週間、ValkyrieSkyのOβが開始しました。
ちょっと驚いたのは、lvキャップが前回の20から一気に引きあがって40だった事で、
そのお陰で今まで見た事無かった様々なMAPをのんびり回ったり体験出来ました。
PvPや2次職等はまだこれからのようですが、PvPが今の所1on1しかないってのがかなり残念。

STGが得意って程ではない私からすると難しいMAPは多々あったのですが、少しずつ勉強したり
知人や初めての人と協力して回ったりするのが楽しく、やっぱり協力して何か出来るゲームは
楽しいものだなぁと思ったり。
lv28の時に知人達にlv足りてなくても先のstage行ってみようぜって持ちかけ、撮ってきたのが下の動画
です。うーむ適正がlv+10辺りだと敵が硬い硬い・・・。

(文章はもう少し書き足すかもしれません。)

前編


後編

ValkyrieSky Cβ 

ValkyrieSky Cβ

①solo


②PT


MMOSTGなんて怪しげなジャンル名を引っさげてやってきたこのValkyrieSky(以下VS)、育成&協力要素
を組み込んだSTGというちょっと変わった作風の作品で、やり始めて見ると意外に楽しめたのでレポート
してみます。
STGに関してからっきしな私はPT協力という辺りにだけ惹かれてこのゲームを開始してみたのですが、
普通にキャラクターを育成して徐々に強くしていきつつ難しい敵やステージに挑んでいく、腕次第で
低lvでも難しいボスに勝つ事が出来る、といったある意味正道派的な育成要素を持ったSTG部分が
普通に楽しめて、また後述するPTの楽しさもあって、同時にCβ開始した蒼天よりこちらをしっかり
やる事になりました。といってもCβ期間が非常に短かった為、週末3日位しか出来ませんでしたが。

このゲームの良い特色はなんといっても職によってかなり自機タイプが違う事。
私の使っている魔法使いはロックオン型STGのようなタイプですし、弓使いは昔ながらの縦STGに
ありそうなタイプ・・・そこまでは良いのですが、剣士に至っては弾斬り返したり敵を斬りにいく
ため、STG!?と思わず悩んでしまう程、まるでアクションゲームのようなタイプになっています。
そのため4人PTとかになるともう"STG"と呼んで良いのか悩むような仕様になっており、そこがまた
楽しくやれた要素だったと思います。その辺りは動画②を参照下さい。
私の下手さにイライラしないように。

逆に良くない点といえば、まずはsolo部分のクエスト周りやストーリー性が薄い事。
そして達成感やSTG部分以外のPT要素の楽しみ部分が少ない事、全体的にエンドコンテンツが少なく
飽きが早そうな気がする事辺りでしょうか。

しかし今後PvPやより難しいダンジョンの解放等が既に決定しているようで、コンテンツをしっかり
充実させていけば、大当たりこそしないまでもある程度の顧客を確保出来る特色持ったコンテンツに
なるのかな?と少し期待しております。
最近新作MMOが出ないor業界的に閉塞感漂う中、私も期待している新作情報がいつまでも届いてこない
状態でなんとなくこのCβを開始した次第ですが、このような一風変わった、ユーザー側に新しい
楽しみを届けてくれるような作品が今後もあれこれと出てくると良いなと思います。
気軽にPT組んで下さった数名の方々、有難うございました。
BACK | HOME | NEXT
07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

RSS

Search

  1. 無料アクセス解析
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。